TOPへ戻る  >  テクニカルファウル

テクニカルファウル

テクニカルファウルとはコート上の選手の接触によるパーソナルファウル
とは別に審判に対する暴言や監督・コーチによる反則行為や悪質な行為
に対して適用されます。

■コート上のプレーヤー同士のテクニカルファウル
通常はプレーヤー同士の接触によるファウルはパーソナル・ファウル
ですが、接触ではなく審判への暴言やボールや器具・看板などを殴ったり
蹴ったりする様な行為、またわざとファウルを受けたように見せかける行為
も当てはまります。

この場合、相手チームに2本のフリースローが与えられ、フリースローの結果
に関わらず、センターラインの横から、フリースロー側のチームからのスローイン
で再開します。

■コート外のチーム関係者によるテクニカルファウル
監督やコーチなどコート外のチーム関係者が、審判や相手チームに対して暴言
や触れたりするとテクニカル・ファウルの対象になります。

コート外のチーム関係者については、プレー中にベンチ・エリアを離れたりしても
テクニカル・ファウルの対象になるので気を付けましょう。

またファウルはコーチに記録され、コーチ自身がテクニカルファウルを2回犯すか
コート外の選手が3回テクニカルファウルを犯すと退場になります。

この場合も、相手チームに2本のフリースローが与えられ、フリースローの結果
に関わらず、センターラインの横から、フリースロー側のチームからのスローイン
で再開します。

■悪質なファウルによるテクニカルファウル

※アンスポーツマンライク・ファウル
同じプレーヤー同士の接触によるファウルであっても、故意に殴ったり、押したり
蹴るなどの行為があった場合はアンスポーツマンライク・ファウルと見なされます。

相手がシュートの動作に入っていた場合は、そのシュートが決まればゴールが
認められた上で1本のフリースローが与えられます。
またシュート動作以外でのアンスポーツマンライク・ファウルについても同様に
フリースローが与えられます。

再開はフリースローの結果に関わらず、センターラインの横から、フリースロー側
のチームからのスローインで再開します。

※ディスクォリファイング・ファウル
テクニカルファウルの中でもっとも悪質なファウルを指し、即刻失格・退場処分に
なります。コート外のチーム関係者も累積により、このファウルの適用を受けます。

フリースローはアンスポーツマンライク・ファウルと同様に相手がシュートの動作
に入っていた場合は、そのシュートが決まればゴールが認められた上で1本の
フリースローが与えられます。
またシュート動作以外でのアンスポーツマンライク・ファウルについても同様に
フリースローが与えられます。

再開はフリースローの結果に関わらず、センターラインの横から、フリースロー側
のチームからのスローインで再開します。

★今月のおすすめPICK UP!!
バスケットボール上達プログラム プロも取り入れてるコツを掴んだ練習法でシュート・ドリブル・パステクニック等のスキルアップ!



サイトMENU

Copyright (C) 2012 かんたん!わかる!バスケットボール初心者ガイド. All Rights Reserved.